10年納付で年金、成立へ

年金の受給資格を得るのに必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する「年金機能強化法改正案」が衆院厚生労働委員会で審議入りした。

今国会で成立する公算が大きいらしい。

この法案が成立すると新たに約40万人が基礎年金の受給権を得ることになるそう。

特に女性で若いうちに正社員で働き、25年を経たずに結婚などの理由で退職し

保険料納付が10年以上25年未満の方には朗報だろう。

自立した豊かな老後を送れる人が増えるのは喜ばしいことです。