長期金利上昇による影響

トランプ次期大統領決定後、米国発の長期金利上昇が止まらない。

日本の長期金利も9ヶ月ぶりの水準とのこと。

近年のゼロ金利政策で史上最低金利となっていた住宅ローンにも大きな影響が出るでしょう。

これから住宅ローンを利用してマイホームを購入しようとする方は

長期間固定金利を選択したほうが良さそうです。

すでに住宅ローンを支払い中の方で変動金利を利用している方は

早々に固定型金利への変更を検討した方が良さそうです。

 

返済で現在お悩みの方は、金利上昇により更に支払額が増える可能性があります。

任意売却をお考えであればすぐ動かれた方が良さそうです。

根抵当権の方は特に、債権額を確定させる必要があるので金利上昇前に動きましょう。

ご相談、お問合せはお気軽に(土日も受付しております)

 

都心専門  任意売却支援センター

0120-910-709