配偶者控除見直しの落とし穴

2017年税制改正で配偶者控除見直しの内容がほぼ固まったらしい。

パート主婦の、年収103万円の壁を150万円に引き上げるとのこと。

夫の年収が1120万円を超えると税負担が増えるという高所得者層には痛い内容。

しかしご注意いただきたいのは、これはあくまでも所得税の話。

年金や健康保険といった社会保険には「130万円の壁」というのがあるのです。

こちらは何の議論もされないままほったらかしのため、意気揚々と年収130万円以上を

働いてしまうと社会保険料の負担が増えてしまうのです。

今年10月から大企業で働くパートなどが社会保険料を徴収される基準が

年収130万円から106万円に下がっていることにも注意したいところです。

働く時間、働き方など、ご家庭でよく話し合っていただきたいと思います。

 

都心専門  任意売却支援センター

東京都中央区築地3-10-9 5階

0120-910-709

お問い合わせはお気軽にどうぞ!