相場が下がりだした

任意売却をお考えの方には悪いニュースかもしれません

水面下では中古市場相場がはっきりと下がり始めました

成約ベースで2割引きがかなり出てきています

毎週物件チェックしていると最初の売り出し価格より

500万円前後の価格改定をしているものが増えてきていますね

価格の高い順に並べると

新築物件 → 中古一般物件 → 任意売却物件 → 競売物件

となるわけですが、新築が高くて売れなくなり販売現場では値引きを始めたとのこと

競売物件もこのところ売却基準価格に近い値段で落札される事案が出始めました

中古一般物件では、買取業者が高価格帯の買取を控え始めた影響で

7000万円以上の物件は買取で処理することができないため

1~2割り引きと大きく価格改定して一般募集しているのです

そうなると当然、任意売却相場も影響を受けます

売却できる価格が2割も下がると2500万円で売れる物件が

500万円引きになってしまうのです

ローン返済にお困りでどうしようかとお悩みの方には待ったなしの状況なので

一刻も早くご相談ください

その一分一秒が数百万円の違いになるかもしれません

 

任意売却支援センター

0120-910-709

相談無料!親切丁寧!秘密厳守!