東京地裁 開札の様子

今日、3月9日は卒業式の中学・高校が多かったと思います。
東京の民事執行センターでは3月7日までの入札期日だった事件について
開札が行なわれました。
写真撮影、録音は禁止されているので様子は文章でお伝えしますね。

9時30分に鍵のかかった金属製の箱から入札の封書が取り出され
総勢12~3名(執行官含む)で一斉に開封します。
事件毎に金額の高い順で並べていきます。
二重チェックしたうえで11:00に次の内容を執行官が発表していきます。
①事件番号
②物件番号
③入札数
④次順位がいる場合の氏名、金額
⑤最高価入札者の氏名、金額

開札には50人くらいが会場に来ていました。
半分はリノベーションなんかを手がける買取業者の営業マンだと思いますが
中には一般の方も多く見受けられました。
ほとんどが買取業者が最高価入札者でしたが、数件ほど個人の方が
最高価入札していましたね。
ただ、どの物件もやはり一般流通より安く落札されていました。

今日の開札が終わったので、また次回の入札に向けて
競売にかかる物件の情報が公開されていきます。
任意売却をするにはギリギリのタイミングです。
迷われている方はすぐご連絡ください!

都心専門  任意売却支援センター
0120-910-709
相談無料!親切丁寧!秘密厳守!