最近多いご相談内容Q&A⑦

ご相談内容

Q:連帯保証人がいる場合はどうすればいいですか?

A:連帯保証人がいる場合、任意売却終了後の残債務処理について慎重にならざるを得ません。

それは連帯保証人と債務者本人は同じ債務を負うからです。

そのため、任意売却後に債務者が約束した返済を怠ったり自己破産したりすると、その残債務について連帯保証人に督促が行くことになります。連帯保証人には現状と任意売却をすること、その後の残債務返済方法、もし自己破産するのであればそのことも事前に報告して了承を得るべきでしょう。

詳細な説明が難しい部分もありますので、当センターへご相談いただければ連帯保証人様へのご説明等もお手伝いさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。

都心専門 任意売却支援センター

0120-910-709