最近多いご相談内容Q&A④

ご相談内容

Q:自己破産をするとどうなるのでしょうか?

A:預貯金、もしくは自分名義でかけている保険等の返戻金が20万円以上見込める場合は、破産管財人に引き渡さなければなりません。また、会社勤務をされている方は今後退職した場合に得られる退職金を試算してそれが160万円以上の場合は、試算した退職金の8分の1に相当する金額を調達して破産管財人に引き渡さなければなりません。(実際に退職する必要はありません)また自分名義の自動車を所有している場合、中古買取り業者の査定金額が20万円以上であれば手放さなければなりません。その他、各会員権や宝石・貴金属類、絵画、着物、パソコンなどで時価20万円以上と評価されるものは全て現金化され弁済に充てられます。

自己破産が認められると官報に公告されます。そのため世間に破産した事が知られてしまう可能性はあります。

また自己破産すると信用情報機関の個人情報にその旨が登録されますので、新たにローンを組むことやクレジットカードを持つことは最低7年間不可能と言われています。

 

自己破産は債務を免除できる代わりに代償も大きいようです。

任意売却で解決できる範囲であれば、まずは任意売却を検討しましょう!

お問合せはお気軽にどうぞ。

0120-910-709

都心専門 任意売却支援センター